Janet Jackson : ジャネット・ジャクソン

Janet Jackson : ジャネット・ジャクソン
Biography

amazon :: amazon :: itunes :: google-play-music-icon :: spotify-icon

recochoku :: mora

ジャネット・ジャクソン(Janet Damita Jo Jackson, 1966年5月16日 – )は、アメリカ合衆国のシンガーソングライター、女優。兄の1人はマイケル・ジャクソン。
1980年代以降、商業的に大成功を収めた。安室奈美恵やAI、Crystal Kay、DOUBLEなど、日本のR&Bアーティストにも大きな影響を与えている。

1982年 ファースト・アルバムとなる『ヤング・ラヴ』をリリース。
1984年、セカンド・アルバム『ドリーム・ストリート』を発表。

 ・ Spotify : Janet Jackson : ジャネット・ジャクソン

ジャネットは、次期アルバム制作のため、ミネアポリスで活躍中のプリンス一派のプロデューサーコンビ、ジミー・ジャム&テリー・ルイスの下へ。
1986年、これにより完成したサードアルバム『コントロール』を発表。“ジャクソン・ファミリー”のプレッシャーから脱却したいジャネットと、プリンスの影響下から離れてプロデューサーとして自立したいジャム&ルイス、相互のモチベーションが相乗効果をもたらし、アルバムは非常に高いクオリティを達成した。『コントロール』は、ポップスチャートとR&Bチャートで1位を獲得。アルバム収録曲全9曲のうち6曲までもがシングルカットされ、そのうち5曲はポップスチャートで連続して5位以内に入った。
中でも最もヒットしたのが「あなたを想うとき(When I Think Of You)」で、ビルボードシングルチャートにて初の1位を獲得。これ以後、彼女の知名度は飛躍的に高まった。本人が「実質的な、私のファーストアルバム」と語っている位、思い入れの強いアルバムである。実際にコンサートなどでは、このアルバム以前の曲は一切演奏されない。
以来20年に渡って、ジャム&ルイスとのタッグは続き、他のプロデューサーと楽曲を制作することは少なかった。

1989年『リズム・ネイション 1814』をリリース。人種差別・性差別やホームレス、薬物などなどの政治問題を積極的に取り入れた本作品は、ポップスとR&Bのチャートで1位を獲得した。
表題曲「リズム・ネイション(Rhythm Nation)」のビデオ・クリップは、完成度の高いダンスで構成され、彼女のスタイルを確立するとともに、音楽シーンに多大な影響を与えた。ライブでは激しいダンスのため、リップシンクでパフォーマンスされることが多い。この曲は、ジャネット本人が出演する日本航空のCMにも使用された。
1990年の初来日公演では、東京ドームでの最高観客動員を記録した。これにより、Rhythm Nation Tourでは2度の来日公演(5月と11月)が実現した。

1993年のアルバム『ジャネット(janet.)』からヴァージン・レコードに移籍。シングル「それが愛というものだから(That’s The Way Love Goes)」が、自身最高のビルボード8週連続1位を記録。