The Bangles : バングルズ - 100Eighties.com

The Bangles : バングルズ
Biography

バングルス(The Bangles)はアメリカの女性バンド。1980年代に数々のヒットを放った。
1981年にロサンゼルスでスザンナ・ホフス、ヴィッキー、デビーのピーターソン姉妹とベーシストのアネット・ズィリンスカスの4人により結成。バングルとはアクセサリーの腕輪のこと。

1982年にミニアルバム『The Bangles』を発表。翌年にはCBSレコードと契約するがアネットが脱退し、マイケル・スティールが新たに参加。マイケルは元祖ガールズバンドのランナウェイズの元メンバーであった。
1984年、アルバム『気分はモノクローム (All Over The Place)』でデビュー。 デビューアルバムを聴いたプリンスがホフスを気に入り、1986年に「マニック・マンデー (Manic Monday)」を提供。米英で2位の大ヒットを記録する。この曲が収録されたセカンド・アルバム『シルバースクリーンの妖精 (Different Light)』からは「エジプシャン (Walk Like an Egyptian)」のナンバーワンヒットも生まれ、彼女たちは一躍スターとなった。

 ・ Spotify : The Bangles : バングルズ

1987年にはサントラ盤に提供したサイモン&ガーファンクルのカバー曲「冬の散歩道 (A Hazy Shade of Winter)」、1988年の『エヴリシング (Everything)』からは「イン・ユア・ルーム (In Your Room)」、1989年に米英で1位となった「胸いっぱいの愛 (Eternal Flame)」と立て続けにヒットを飛ばす。しかしこの直後にバンドは活動を停止した。